スポンサードリンク

« 2012年12月 | メイン | 2013年05月 »

2013年01月 アーカイブ

2013年01月06日

a000671

廃材でA4ブリーフケースを作る

 サッカーの試合に行くとマッチデープログラムと言う選手紹介やその日の対戦相手などが書かれたフリーペーパーが貰えます。地元サッカークラブの場合A3サイズの両面カラー印刷で1枚,毎試合貰っては100円ショップのクリアブックに入れています。

 100円ショップのA3クリアブック
 100円ショップのA3クリアブック

 A4サイズならリフィルタイプなど様々なクリアブックがありますがA3サイズとなると100円ショップの品揃えも少なく,10ポケットの物しか無かったので2冊買っていわゆるニコイチで20ポケットにして使っています。

 ポケットを抜かれたクリアブック
 ポケットを抜かれたクリアブック

 で,ニコイチにしたので当然ポケットを抜かれた方のガワが残る訳でして。これだけでは使い道もありませんが素材として見れば綺麗で結構な大きさがあります。捨ててしまうのはもったいないのと,ちょうど持ち運び用に手ごろなサイズのブリーフケースが欲しかったのでこれでコンパクトなケースを作る事にします。

 展開図
 背表紙部分を底面にしてA4クリアファイルサイズのケースにしようと落書きしながら試行錯誤,展開図をでっち上げます。

 切り出し
 今回は単純な形なので型紙無しでザクザクと切り出し。こんな作業の時はこの前買った大判のカッターマットが1cm毎に目盛りが付いていて便利過ぎます。

 塩ビのシートなので加工もラクラク
 素材は薄い塩ビのシートなので加工もラクラク。カッターで軽く跡を付けると簡単に綺麗な曲げ加工が出来ます。

 メンディングテープで仮止め
 接着剤が乾くまでメンディングテープで仮止め

 クリアファイルからエンブレムを拝借
 これは廃材ではありませんが地元サッカークラブのクリアファイルからエンブレムを拝借。まだ使える物を材料にするのも気が引けますがイベント等で沢山貰って持て余していたので。

 エンブレムを貼り付けて完成
 エンブレムを貼り付けて完成

 A4の書類がピッタリ入ります
 A4の書類がピッタリ入ります

 A4のブリーフケースならそれこそ100円ショップに山ほど売っていますが,今回は廃材として捨てるには勿体無い素材があったので1から自作しました。自分で好きな形の物を作れると言うのも良いですね。実際一番楽しかったのは展開図を考えて落書きしている時で,ここさえちゃんとやっておけば後は単純作業です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年01月13日

a000678

kobo glo で自炊生活

 電子書籍に興味が出て思わずkobo gloを買ってしまいました。電子書籍なら誰がどう考えたってkindle一択,koboなんて負け組の代名詞だろという声も聞こえてきそうですが。

kobo glo【販売:楽天kobo】【送料無料】

kobo glo【販売:楽天kobo】【送料無料】
価格:7,980円(税込、送料込)

 kindleでなくkoboにしたのはmicroSD対応で自炊端末としての評判は上々というのと,電子書籍を楽天ポイントでも買えるという理由から。koboストアオープン以来電子書籍数の水増しが指摘されておりその点が気掛かりでしたが,実際に検索してみたら個人的に読みたい本はそれなりに揃っていたのでまあいいかなと。もちろん趣味趣向にもよるので品揃えに不満のある方も居るとは思います。

 kobo glo到着
 そんな感じでkobo glo到着

 同梱物一式
 同梱物一式

 電源を入れてとりあえずWifiと楽天アカウントを設定。

 無料プレビューが自動で同期
 設定完了すると事前にAndroidアプリで読んでいた無料プレビューが自動で同期

 本文表示はこんな感じ
 本文表示はこんな感じ

 さて,有料コンテンツはおいおい買うとして今回の本題は自炊。いわゆる冨樫信者である所のワタクシは既に不定期発行となって久しい単行本が出るまでの間も常に信仰心を絶やさぬ様ジャンプ本誌をスキャンしている訳でして

 まさかのフラットベットスキャナ
 まさかのフラットベットスキャナ

 えーと,すんげーめんどくさい。横着して手持ちのスキャナ使っているけれど本格的に自炊するならシートフィーダタイプが必須です。そんなん考えるまでも無い事ですが。

 koboで自炊ファイル読み込むには幾つか方法があるみたいですが一番お手軽なcbz形式にしました。kobo gloの解像度に合わせて縦1024ピクセルにリサイズしたjpgを連番で保存してフォルダごとzip圧縮,拡張子をzip⇒cbzに変更で完了。日本語を使うと文字化けしたり認識しなかったりするのでファイル名は半角英数が無難。これをmicroSDにコピーしてkoboに差せば自動でコンテンツを認識してくれます。

 自炊ファイルも読めます
 自炊ファイルも快適に読めます

 文庫本と大きさ比較
 文庫本と大きさ比較

 これ真っ先にやれよ,という気もしますが文庫本と大きさ比較。本体が文庫本と概ね同じサイズでディスプレイ部分は9cm×12cm程度。当然文庫版コミックより小さく表示されるので士郎正宗の枠外解説だとか萩原一至みたいに描き込みの凄い物はちょっと厳しいかもしれない。

 まあなんだかんだで自炊も面倒なので電子書籍版が出ている物についてはそちらを買い直して,販売の見込みが薄い物から順次スキャンして行くとかそんな感じに落ち着きそう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

About 2013年01月

2013年01月にブログ「はらいそ」に投稿されたすべてのエントリです。新しい順に並んでいます。

前のアーカイブは2012年12月です。

次のアーカイブは2013年05月です。

他にも多くのエントリがあります。メインページアーカイブページも見てください。

スポンサードリンク

Powered by
Movable Type
@Style