スポンサードリンク

« 廃材でA4ブリーフケースを作る | メイン | Zusammenbruch der Gestalt #1-#10 »

kobo glo で自炊生活

 電子書籍に興味が出て思わずkobo gloを買ってしまいました。電子書籍なら誰がどう考えたってkindle一択,koboなんて負け組の代名詞だろという声も聞こえてきそうですが。

kobo glo【販売:楽天kobo】【送料無料】

kobo glo【販売:楽天kobo】【送料無料】
価格:7,980円(税込、送料込)

 kindleでなくkoboにしたのはmicroSD対応で自炊端末としての評判は上々というのと,電子書籍を楽天ポイントでも買えるという理由から。koboストアオープン以来電子書籍数の水増しが指摘されておりその点が気掛かりでしたが,実際に検索してみたら個人的に読みたい本はそれなりに揃っていたのでまあいいかなと。もちろん趣味趣向にもよるので品揃えに不満のある方も居るとは思います。

 kobo glo到着
 そんな感じでkobo glo到着

 同梱物一式
 同梱物一式

 電源を入れてとりあえずWifiと楽天アカウントを設定。

 無料プレビューが自動で同期
 設定完了すると事前にAndroidアプリで読んでいた無料プレビューが自動で同期

 本文表示はこんな感じ
 本文表示はこんな感じ

 さて,有料コンテンツはおいおい買うとして今回の本題は自炊。いわゆる冨樫信者である所のワタクシは既に不定期発行となって久しい単行本が出るまでの間も常に信仰心を絶やさぬ様ジャンプ本誌をスキャンしている訳でして

 まさかのフラットベットスキャナ
 まさかのフラットベットスキャナ

 えーと,すんげーめんどくさい。横着して手持ちのスキャナ使っているけれど本格的に自炊するならシートフィーダタイプが必須です。そんなん考えるまでも無い事ですが。

 koboで自炊ファイル読み込むには幾つか方法があるみたいですが一番お手軽なcbz形式にしました。kobo gloの解像度に合わせて縦1024ピクセルにリサイズしたjpgを連番で保存してフォルダごとzip圧縮,拡張子をzip⇒cbzに変更で完了。日本語を使うと文字化けしたり認識しなかったりするのでファイル名は半角英数が無難。これをmicroSDにコピーしてkoboに差せば自動でコンテンツを認識してくれます。

 自炊ファイルも読めます
 自炊ファイルも快適に読めます

 文庫本と大きさ比較
 文庫本と大きさ比較

 これ真っ先にやれよ,という気もしますが文庫本と大きさ比較。本体が文庫本と概ね同じサイズでディスプレイ部分は9cm×12cm程度。当然文庫版コミックより小さく表示されるので士郎正宗の枠外解説だとか萩原一至みたいに描き込みの凄い物はちょっと厳しいかもしれない。

 まあなんだかんだで自炊も面倒なので電子書籍版が出ている物についてはそちらを買い直して,販売の見込みが薄い物から順次スキャンして行くとかそんな感じに落ち着きそう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ(Powered by Google)