スポンサードリンク

« ミッフィー行灯を作る(後編) | メイン | kobo glo で自炊生活 »

廃材でA4ブリーフケースを作る

 サッカーの試合に行くとマッチデープログラムと言う選手紹介やその日の対戦相手などが書かれたフリーペーパーが貰えます。地元サッカークラブの場合A3サイズの両面カラー印刷で1枚,毎試合貰っては100円ショップのクリアブックに入れています。

 100円ショップのA3クリアブック
 100円ショップのA3クリアブック

 A4サイズならリフィルタイプなど様々なクリアブックがありますがA3サイズとなると100円ショップの品揃えも少なく,10ポケットの物しか無かったので2冊買っていわゆるニコイチで20ポケットにして使っています。

 ポケットを抜かれたクリアブック
 ポケットを抜かれたクリアブック

 で,ニコイチにしたので当然ポケットを抜かれた方のガワが残る訳でして。これだけでは使い道もありませんが素材として見れば綺麗で結構な大きさがあります。捨ててしまうのはもったいないのと,ちょうど持ち運び用に手ごろなサイズのブリーフケースが欲しかったのでこれでコンパクトなケースを作る事にします。

 展開図
 背表紙部分を底面にしてA4クリアファイルサイズのケースにしようと落書きしながら試行錯誤,展開図をでっち上げます。

 切り出し
 今回は単純な形なので型紙無しでザクザクと切り出し。こんな作業の時はこの前買った大判のカッターマットが1cm毎に目盛りが付いていて便利過ぎます。

 塩ビのシートなので加工もラクラク
 素材は薄い塩ビのシートなので加工もラクラク。カッターで軽く跡を付けると簡単に綺麗な曲げ加工が出来ます。

 メンディングテープで仮止め
 接着剤が乾くまでメンディングテープで仮止め

 クリアファイルからエンブレムを拝借
 これは廃材ではありませんが地元サッカークラブのクリアファイルからエンブレムを拝借。まだ使える物を材料にするのも気が引けますがイベント等で沢山貰って持て余していたので。

 エンブレムを貼り付けて完成
 エンブレムを貼り付けて完成

 A4の書類がピッタリ入ります
 A4の書類がピッタリ入ります

 A4のブリーフケースならそれこそ100円ショップに山ほど売っていますが,今回は廃材として捨てるには勿体無い素材があったので1から自作しました。自分で好きな形の物を作れると言うのも良いですね。実際一番楽しかったのは展開図を考えて落書きしている時で,ここさえちゃんとやっておけば後は単純作業です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ(Powered by Google)