スポンサードリンク

« Linux Mint での wifi設定 | メイン | 北信越フットサルリーグ2017 1部 第7節 ボアルース長野 3-4 ヴィンセドール白山 »

Fチャレンジリーグ 2017/2018 第16節 ボアルース長野 4-7 ペスカドーラ町田アスピランチ

 DUARIG Fチャレンジリーグ 2017/2018 第16節(ホワイトリング/観客:653人)
 ボアルース長野 4-7 ペスカドーラ町田アスピランチ

 
 
 昨日・今日とホワイトリングでボアルース長野の2連戦でした。まずは昨日行われた2部相当のFチャレンジリーグ,対戦相手のペスカドーラ町田アスピランチはFリーグ所属ペスカドーラ町田のサテライトチームです。

 試合の様子など
 
 
 
 
 
 
 試合はキックオフ直後にいきなり失点,その後も追加点を許しレベルの高さを見せ付けられますがセットプレーで1点を返しさあ反撃と思った矢先に失点。前半を1-3で終えますがチャンスやシュートはむしろボアルースの方が多いぞ,まだまだこれからだ,と始まった後半開始直後に失点。この日はいわゆる『ゴールに嫌われている』状態でボアルースは終始雨あられとシュートを打ち込むも全く決まらず,逆にミスからボールを奪われるとこれがことごとく失点に繋がるお手上げ状態。傍から見ているとボアルースが圧倒的に攻め込むワンサイドゲームにしか見えないのに逆にスコアは離されていく不思議な状況でした。

 
 試合終了間際の20秒で2点を返す意地を見せ盛り上がりましたがいかんせん反撃には遅すぎました。公式記録を見るとボアルースはシュート43本で4点(これ,ラスト20秒までは41本打って2点だったってことですね…),町田は18本で7点。ある意味凄い試合でした。

 
 お疲れ様でした。

 明日は翌日に同会場で行われた北信越Fリーグについて書きます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

関連コンテンツ(Powered by Google)

コメントを投稿